<トランザクション・ロールバック>のコスト踏み倒しでオススメな通常罠カード【全13選】【遊戯王・マスターデュエル】

今回は<トランザクション・ロールバック>の効果でコピーするオススメな通常罠カードをご紹介いたします。

 

<トランザクション・ロールバック>は「発動時の効果と同じになる。」という効果のため「~をリリースして発動できる。」といったコストの部分を支払う必要がありません。

 

そのためコストが重い分強力な効果を持っているカードの美味しい部分のみを享受することができます。

 

若干ネタ寄りではありますが是非参考にしてみてください。

 

※新規カードが実装された場合は追記いたします。

※当サイトは個人で運営しているため制限改訂の度に全ての記事へ目を通して修正することが困難です。そのため、解説に挙げたような使い方ができないものもございます。

 

コスト【モンスターのリリース】

逢華妖麗譚-魔妖不知火語

逢華妖麗譚-魔妖不知火語

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:自分フィールドの、「魔妖」S・リンクモンスターまたは「不知火」S・リンクモンスター1体をリリースして発動できる。このターン、お互いに手札・デッキ・EXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地に戻す。

【評価】

・墓地以外のゾーンからの特殊召喚を封じることができます。

・ただ、《ホルス》のようなカードにはすり抜けられるので必ずしも展開を止められるわけではありません。

・《魔妖》《不知火》以外で使う場合は素引きすると腐ります。

エレメンタルバースト

エレメンタルバースト

①:自分フィールド上に存在する風・水・炎・地属性モンスターを1体ずつリリースして発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。

【評価】

・<サンダー・ボルト>&<ハーピィの羽根帚>という派手な効果を持っています。

・普通に発動しようとしてもコストを用意するのは大変なので素引きすると腐ります。

地縛解放

地縛解放

①:フィールドにレベル6以上のモンスターが召喚・特殊召喚された時、自分フィールドのレベル10の「地縛」モンスター1体をリリースして発動できる。相手フィールドのモンスターを全て破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力の合計分のダメージを相手に与える。

【評価】

・<サンダー・ボルト>&バーンダメージというかなり派手な効果を持っています。

・《地縛》以外で使う場合は素引きすると腐ります。

 

 

惑星汚染ウイルス

惑星汚染ウイルス

自分フィールド上の「エーリアン」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。相手フィールド上に表側表示で存在する、Aカウンターが乗っていないモンスターを全て破壊する。相手のターンで数えて3ターンの間に相手が召喚・反転召喚・特殊召喚したモンスター全てにAカウンターを1つ置く。

【評価】

・<サンダー・ボルト>の効果を持つものの、出張させた場合はAカウンターの恩恵が受けられないのが残念ポイント。

・《エーリアン》以外で使う場合は素引きすると腐ります。

シンクロ・バリアー

シンクロ・バリアー

①:自分フィールドのSモンスター1体をリリースして発動できる。次のターンの終了時まで、自分が受ける全てのダメージは0になる。

【評価】

・「次のターンの終了時まで」なので自分のターンに自爆特攻などと組み合わせればネタデッキとしては使えなくもない。

・Sモンスターであればレベルは問われていないのでコストは用意できなくもない。

ソウルエナジーMAX!!

ソウルエナジーMAX!!

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに元々の属性が神属性となる「オベリスクの巨神兵」が存在する場合、自分フィールドの他の表側表示モンスター2体をリリースして発動できる。相手フィールドのモンスターを全て破壊し、相手に4000ダメージを与える。

②:自分・相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「オベリスクの巨神兵」1体を選んで手札に加える。その後、「オベリスクの巨神兵」1体を召喚できる。

【評価】

・<サンダー・ボルト>&4000ダメージというかなり派手な効果を持っています。

・ネタカードの中ではかなり高いポテンシャルを持っており、実際にデッキを作ってみましたがそこそこ強かったです。

 

 

ダブルマジックアームバインド

ダブルマジックアームバインド

①:自分フィールドのモンスター2体をリリースし、相手フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。その表側表示モンスター2体のコントロールを自分エンドフェイズまで得る。

【評価】

・コストを用意することもできるので普通に使うこともできます。

・コントロールを得るのが「自分エンドフェイズ」までなので相手ターンに使ってもエンドフェイズに相手のフィールドに戻らないのでそのモンスター達を自分のターンに利用できるのがかなり強力です。

・よくある「効果を無効にして」という制約が無いのでコントロールを得たモンスターの効果も使えるのがミソです。

闇の閃光

闇の閃光

①:自分フィールドの攻撃力1500以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。このターンに特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

【評価】

・コストが軽いので普通に発動することもできます。

フィッシャーチャージ

フィッシャーチャージ

①:自分フィールドの魚族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、自分は1枚ドローする。

【評価】

・カード破壊&1ドローと今までのカードに比べれば弱いですがコストも軽い分、普通に発動することもできるのはメリットです。

 

 

刺し違GUY

刺し違GUY

①:自分フィールドの戦士族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。

【評価】

・カード破壊&1ドローと今までのカードに比べれば弱いですがコストも軽い分、普通に発動することもできるのはメリットです。

水霊術-「葵」

水霊術-「葵」

①:自分フィールドの水属性モンスター1体をリリースして発動できる。相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んで墓地へ送る。

【解説】

・先攻でピーピングハンデスできればかなりアドバンテージを稼げます。

・発動条件も緩いので普通に発動することもできますし、<トランザクション・ロールバック>と合わせれば相手のドローフェイズで2ハンデスが可能です。

コスト【ライフポイント】

ファラオの審判

ファラオの審判

ライフポイントを半分払う。以下の条件が当てはまり、適用できる効果を選択して発動する。

●自分の墓地に「友情YU-JYO」が存在する場合、相手プレイヤーはターン終了時までモンスターのセット・召喚・反転召喚・特殊召喚・効果モンスターの効果発動ができなくなる。

●自分の墓地に「結束UNITY」が存在する場合、ターン終了時まで相手フィールド上の魔法・罠の効果を無効にし、さらに相手プレイヤーは魔法・罠の発動・セットができなくなる。

【評価】

・このカードは効果を適用するのに「友情YU-JYO」か「結束UNITY」が墓地へ落ちている必要があるので条件が少し厳しめです。ただ、素引きしてればセットして次のターンに発動し、更に次のターンに<トランザクション・ロールバック>の効果でもう一度使うことができるので計2ターンの間モンスターor魔法罠を封じることができます。

その他のカード

蘇りし天空神

蘇りし天空神

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、その発動と効果は無効化されない。

①:自分の墓地から「オシリスの天空竜」1体を選んで特殊召喚する。その後、お互いはそれぞれ手札が6枚になるようにデッキからドローする。

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んでデッキの一番上に置く。自分の墓地に幻神獣族モンスターが存在する場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。

【評価】

・墓地にこのカードと「オシリス」「トランザクション・ロールバック」の計3枚が存在する必要がありますが、《ティアラメンツ》であったり60枚芝刈り採用型であれば十分可能です。

・先攻であれば手札を使い切った状態で使えば自分は6枚ドロー、相手は1枚ドローと最大限利を得ることができます。