【FX】金曜日の荒れた動きに戦意喪失でサヨウナラ | 【週次報告2019年8月4日】

8月1日に宣言したので今週から週次報告をしていきます。あくまで自分の備忘録なので、軽く流し読みして頂ければと思います。基本的にドル円を取引の中心とし、ランド円を長期保有目的で見ているのでその話が中心だと思います。

 

一応、

・ロスカットで資産を失う

・FXを卒業する

までは週次報告は欠かさず書いていきますのでお付き合いいただければと思います。

 

※通貨の動きを表現する際、「下落」は「円高」を指します。
※内容は時系列毎に記載しています。

  

 

月曜日:7月29日

《窓開け:無し》 

 

通貨 内容
ドル円

午前中は日経平均が下落したこともあり、20銭程度下落。その後流れは出来ず。

→翌日の日銀金融政策決定会合を控えて動きが抑制?それともFOMC前で動きが抑制?

ランド円

7.61円前後で上値が重く推移。先週、格付け会社フィッチが南アの格付け見通しを引き下げたことや、唯一南アを投資不適格扱いにしていないムーディーズ社も、「南アフリカ政府による国営電力会社エスコムの支援策は格付けにネガティブ」との見解を示したことなどが背景。

ポンド

ラーブ英外相の発言「EUが意固地のままでいるならば、我々は合意なき離脱にむけて準備をしなくてはならない」が伝わり、ポンド売りが強まった。その一方でドル円はじり高。ユーロ円も変化なし。

→英・EU離脱に対してドル円の反応は薄い?それともポンド円とポンドドルの下げ幅があまり変わらず、反応が無いように見えるだけ?いずれにしても「合意無き離脱」に備えてポンドが売られているという印象

ドル円

トランプ大統領「小幅な利下げでは十分ではない」

→特に反応なし。圧力を掛けているものの、FRBが0.5%利下げをする材料には至らなかった。

ドル円

ポンドドルの下落に伴いドル円はドル高に。ロンドンフィキシングに絡んだ円売りユーロ買いが影響した。

→夕方の状況と異なる点はユーロ円が上昇したこと。ポンドが反応したときはユーロも一緒に確認した方が良い?

火曜日:7月30日

通貨 内容
ポンド円

1/3のフラッシュクラッシュ以来の安値を更新

→それだけポンドへの警戒感が高まっている?

ドル円

月末のゴトー日で10銭程度上昇(108.95円)。その後7月10日高値の108.99円や5月13日安値の109.02円などがレジスタンスとして意識されると買いも一服。

日銀フォワードガイダンスの変更なし。金融政策の現状維持を決定。売りが強まり、日経平均の上げ幅縮小とともに10銭程度下落。

「当分の間、少なくとも2020年春頃まで極めて低い長短金利水準を維持」

「ETF・REIT、市場の状況に応じて買入額が上下に変動し得る方針を維持」

「物価モメンタムが損なわれる恐れ高まれば躊躇なく追加緩和措置を講じる」

「政策金利のフォワードガイダンス維持に原田委員、片岡委員が反対」

→基本的に余程のアクションを起こさない限り、世界の反応は薄いという印象。

・黒田日銀総裁の発言 

「国内経済の先行きは当面、海外意原則の影響を受けるも緩やかに拡大」

「物価上昇のモメンタム損なわれれば躊躇なく追加緩和」

「強力な緩和をねばり強く続けることが重要」

「海外経済の下振れリスクは大きい」

「消費増税は前回引き上げ時に比べて影響が小さいと考えている」

「追加緩和、時間的にすぐとは必ずしも示していない」

「当面の間、フォワードガイダンス」を変更する必要はない」

「現状、リバーサルレートになっているとは思わない」

「マイナス金利引き下げは片岡委員の意見」

「躊躇なくの文言は従来よりも金融緩和に向けて前向きになったと言える」

「マイナス金利、追加緩和手段の1つではある」

→完全に守りの姿勢に入っているという印象。あまり期待せず見ていようと思う。

ドル円

トランプ大統領の発言を受けてドル売り(15銭程度)。

「我々は中国と協議しているが、彼らはいつも最終的に自分たちの利益のために取引を変更する」

「中国との問題は、彼らが約束を果たさないことだ」

「私が選挙に勝てば、中国は今交渉しているものよりもさらに厳しいものになるだろう」

→トランプさん、めっちゃ怒ってますね。中国はアメリカ大統領選まで持久戦に持ち込もうとしているけど、トランプさんが再選したら中国経済は大打撃を受けるでしょうね。

水曜日:7月31日

通貨 内容
全通貨

北朝鮮が何らかの飛翔体を複数発射した、との報道に対して特に反応なし。

ドル円

仲値108.64円。前日より25銭程度円高。

→FOMC前で慎重になっている?米中の関係悪化が要因?

ドル

米中協議が次回9月にアメリカで開催される。

→ここで中国側が一定の譲歩姿勢を見せなければアメリカが追加関税を、と言いかねないので、中国は穏便にことを運んでください…。

ドル円

FOMC直前で膠着状態。NYオープン後は、前日の下落を受けて買い戻しの調整が入った。

木曜日:8月1日

【FX】8月も始まりFOMCも終わったので週次報告をブログで始めます | 2019年8月1日

を参照。

 

通貨 内容
ドル円

仲値にかけて109.319円まで上昇した。その後そこを高値に下落。 

ポンド

・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」

「ブレグジットでは、金利はどちら再度にも動く可能性がある」

「緩やかで限られた利上げが適切だが、世界景気の回復やスムーズがブレグジットの移行が必要」

「5月から通商摩擦が増大している」

ポンド

・カーニーBOE総裁

「ブレグジットへの反応はどちらサイドもあり得る」

「合意なき離脱の可能性が増している」

「世界経済は5月よりも進みが遅くなっている」

「合意なき離脱になればポンドは下落するだろう」

「政府や企業による合意なき離脱の準備では、経済のファンダメンタルズの調整は出来ないだろう」

「世界的な貿易システムの未来の不確実さと、ブレグジットが英国経済の重荷になっている」

→個人的には合意なき離脱を迎えると思っています。メイ首相が辞任する前から、離脱強硬派のボリス・ジョンソン氏が新首相になった場合、合意なき離脱を迎えると散々言われてきて、国民もそれを望んでいます。この状況で離脱や~めっぴ!なんてことは言わないのではないでしょうかね。

ドル円

・ユーロ円がモデル系ファンドの売りなどで節目となる120.00円を割り込み、1月3日のフラッシュクラッシュ以来となる119.77円まで下落。他のクロス円も総じて弱かったこともあり、ドル円が下落。23時発表の米ISM製造業景気指数が51.2と、予想52.0を下回ったことから更に売りが加速。米10年物国債利回りが一時1.9485%前後と7月5日以来約1ヶ月ぶりの低水準を付けたこともドル円の重しとなった。

金曜日:8月2日

通貨 内容
ドル円

トランプ大統領の発言により、107.80円まで下落幅を広げた。

「9月1日からいくつかの中国製品に10%関税を課す」

「中国の習近平国家主席は行動が遅い」

「中国は自国通貨を下落誘導している」

「中国と合意するまで徹底的に関税を課す」

→いよいよ待ったなしの状態になってしまいました。習さんが時間稼ぎせず譲歩の姿勢を見せないと、更に円高が進んでしまうので勘弁してほしいですね。ですが、火に油を注ぐように、中国が「米国が新たな関税を課すならば、対抗措置を取る」と発表したことで更に円高が進みました。 

7/29~8/2の仲値

7/29 7/30 7/31 8/1 8/2
108.45円 108.89円 108.64円 109.27円 107.17円

 

8/5~8/9の根拠なき予想!!

予想値幅:104.88円~107.92円

下はフラッシュクラッシュ時の値。

上は今週の最高値最安値の中間。

米中の関係悪化や指標の悪さがどの程度影響してくるか分かりませんが、どちらにしても下げ目線で見ていた方が利益は上げられると考えています。週明けからゴトー日ですが、戻りは期待せずに取引していこうと思います。